be surprised at~【Book2 Lesson10 Scene1】

Lesson10-1では、英語における受動態の構造について解説します。”be surprised at“を例に取り上げ、受動態の形式や使用法について詳しく説明します。

受動態の前置詞

受動態の後ろに付ける前置詞について触れます。一般的には「by」が使われますが、「be known to 人」のように「by」を使わない場合もあります。これについて詳しく説明します。

受動態と日本語の違い

受動態の構造が日本語と異なる点について解説します。日本語では主語が人間であることが一般的ですが、英語では主語は原因を示す名詞となることが多いことを指摘します。

動詞の選択と意味の違い

surprise」の意味や使い方について詳しく説明します。日本語の「驚く」との違いや、動詞の選択が文全体の意味に与える影響について解説します。

過去形と受動態

was surprised」のような過去形の受動態について触れます。過去分詞と現在分詞の使い分けや、受動態の文の構造について説明します。

主語の位置と受動態

英語では主語が原因を示す名詞となることが多いため、受動態の文の構造が異なることを指摘します。主語の位置が日本語と異なることによる言い回しの違いについて解説します。

動画:PROGRESS IN ENGLISH 21 完全攻略

各単元の注意点を授業形式でお届けしています。日頃こんな感じの授業を行っておりますので、是非一度ご覧下さい!

    前の記事

    代名詞one【Book2 Lesson9 Scene3】