SVOC文型【Book2 Lesson1 Scene2 】

SVOC文型について

今回は、Book2 Lesson1シーン2「SVOC文型」についてお話しします。文型の説明が始まる場面です。今日のトピックは「SVOC第5文型」です。第2文型「SVC」の次に続く文型ですが、意外と知られていない部分も多いです。英語が苦手な人の多くは、実はこの第5文型を理解していないことが原因です。ですので、第5文型の理解は非常に重要です。詳しく説明していきますので、しっかりと聞いてください。
第5文型とは、「主語 – 動詞 – 目的語1 – 目的語2」の構造を持つ文型です。この文型の特徴は、目的語2が主語と述語の関係を示している点です。

第4文型との違い

第4文型第5文型は、主語、動詞、目的語1、目的語2が並んでいる点で類似しています。しかし、第4文型では目的語1と目的語2が「人にものを」という関係を表し、第5文型では主語と目的語1が主述関係を持っています。

「make」の使い方

「make」第5文型で頻繁に使用される動詞です。この場合、後ろに続く名詞が目的語1となり、主語と目的語1の関係が主述関係を示します。ただし、日本語の訳では「作った」ではなく、「する」や「させる」といった意味になることに注意が必要です。

第5文型の例文

以下の例文を考えてみましょう。

例文1: “He made his daughter a doll.” 訳: 「彼は娘に人形を作らせた。」

例文2: “He made his daughter a doctor.” 訳: 「彼は娘を医者にした。」

このように、第5文型では「make」の後ろに続く名詞が目的語1となり、主語と目的語1の関係が主述関係を示します。目的語2は主語の状態を表現しています。

第5文型の見分け方

第5文型を見分けるためには、主語、動詞、名詞、名詞の並びが現れた場合、目的語1が主語と述語の関係を持っているかどうかを確認します。また、「make」が出てきた場合、後ろに続く名詞が目的語1となり、主語と目的語1の関係を読み取ることが大切です。

 第5文型の重要性

第5文型の理解は英語の表現力向上に欠かせません。日本語の翻訳とは異なる表現があり、主語と目的語1の関係を正しく理解することが重要です。これにより、文の意味を正確に把握できるようになります。

 

第5文型について

第5文型は、主語、動詞、名詞、名詞から成り立ちます。この名詞、名詞の組み合わせが「人にものを」を表す場合は第4文型とされ、名詞、名詞が主語と述語の関係を示す場合は第5文型とされます。なお、「人にものを」の中の「人」「もの」も必ず名詞であることに注意してください。

日本語の主語と述語について考えてみましょう。

主語とは「何は」「誰が」の部分であり、述語の一つ目は「なんだ」です。例えば、「これはケーキだ」といった表現があります。「中学生だ。」なども同様です。さらに、主語と述語の組み合わせ方には2通りあります。一つ目は「何はどんなだ」「誰がどんなだ」で、「その可愛い」や「トム忙しい」がこれに当てはまります。そして、二つ目は「何はどうする」「誰がどうする」で、「走っている」や「ナンシー本を読む」がこれに該当します。この他にも、一部の教科書では「ある」「ない」も別扱いとされることもあります。「ある」「どうする」の一種であり、「ない」「どんなな」に該当し、形容詞としての扱いとなります。

ここで注意が必要ですが、英語と日本語の品詞は異なることがあります。

例えば、「angry」は英語では形容詞ですが、日本語では動詞「怒る」と訳されます。そのため、日本語と英語の品詞の対応には注意が必要です。

 

 

はじめに”Greens’ invitation“です。これは「S」ということで、複数形の所有格です。複数形の所有格の「The 名字」は「誰々さん一家」という意味です。したがって、「グリーン一家の招待は」と言っています。これが主語です。主語は名詞で、「The Greens’ invitation」を緑で表します。動詞は赤で形容詞は青です。副詞はオレンジ、その他はピンクとしましょう。”The Greens’ invitation“が主語であり、”made“が動詞です。”make“は自動詞でも他動詞でも使えますが、”make“が出てきた場合は第5文型の可能性があると思うようにしましょう。第5文型は後ろが主語と述語です。この文では「誰が何をした」となっていますが、実際には名詞か形容詞かを確認する必要があります。

Jiro“は名詞で、「very happy」は形容詞です。”very“だけ抜き出して副詞として扱う必要はありません。”very happy“は一つの形容詞として考えます。動詞の後ろに名詞と形容詞が並んでいる場合、必ず第5文型です。第5文型であるなら、主語と述語が成り立ちます。もし学校で必要なら、主語と述語が成り立つ場合には「OC」と考えれば良いでしょう。主語と述語が成り立つ場合には、「ジローはとても嬉しかった」という状況を作ったのは「グリーンさん一家の招待」または「誘い」です。つまり、「グリーン一家の招待がジローをとても喜ばせた」という意味です。

グリーン一家の招待」を「ジローはとても嬉しかった。」と訳すと、文脈によっては少し違和感があるかもしれません。しかし、大学入試や日本語から英語への翻訳の場合には、「グリーン一家に誘われたのでジローはとても喜んだ。」とも訳されます。また、教師によってはわざと日本語を難しくしているのではなく、自然な英語を学ばせている可能性もあります。要するに、適切な表現を選ぶことが大切です。

次に、”make“という動詞ですが、このような動詞が出てきた場合は第5文型の可能性があると思う習慣を付けると良いです。同様に、”keep“、”found“、”call“、”name“なども第5文型を考える手がかりとなります。このような動詞が出てきた場合、後ろが主語と述語の可能性が高いです。

以上が第5文型に関する解説です。次に、Lookについてもう一つ説明します。”make“や他の特定の動詞が出てきた場合には、第5文型を考える習慣を持つことが重要です。また、”call“や”name“のような動詞も第5文型の可能性があります。

ここで4番を飛ばしてしまいましたが、これは重要な部分です。”The soccer club made Jerry captain.“の文は、”make“が第5文型であることが確認できます。したがって、「サッカー部はジェリーをキャプテンにした。」と訳すことができます。

このように、特定の動詞が出てきた際には、その動詞が第5文型である可能性を考えることが大切です。これにより、文の構造を正しく理解し、適切な翻訳が行えます。第5文型に関する理解を深めることで、英文の解析がよりスムーズになるでしょう。

 

 

第5文型の疑問文について

第5文型は、英文法において重要な概念です。特に、疑問文の構造を理解することは、英語の文法理解を深めるために欠かせません。このセクションでは、第5文型を用いた疑問文について解説します。

疑問文の基本構造

疑問文を作る際には、特定のパターンに従って動詞を選ぶことが重要です。例えば、動詞「call」「name」などは第5文型の特徴的な動詞とされます。これらの動詞を用いて疑問文を作成する際には、主語と目的語を適切に配置することが求められます。

「call OC 名前」と「name OC 名前」

具体的な例を通じて疑問文の構造を理解しましょう。動詞「call」を用いた場合、「C」が名前を表し、「O」が名前を呼ぶ主体を表します。一方、「name」を用いた場合、「O」が名前を持つ対象を表し、「C」がその名前を表します。こうした違いに注意しながら、疑問文の意味を正確に理解できるようにしましょう。

疑問詞「What」の重要性

疑問詞「What」は、疑問文において重要な役割を果たします。この疑問詞は、名詞の働きをし、主語や目的語を示す際に用いられます。疑問詞の品詞や使い方を理解することは、文法の基礎を固める上で重要です。動詞の選択と合わせて、「What」の役割を正しく理解しましょう。

第5文型の重要性と克服方法

第5文型は英語学習において重要な一環ですが、その理解が難しいと感じる人も多いでしょう。しかし、正しいアプローチを持つことで、疑問文の構造や意味を正確に把握することができます。特に、「make」「keep」「found」「call」「name」といった動詞を意識的に学び、文法の基礎を固めることが大切です。

まとめ

第5文型を理解することは、英文法の基本を押さえる上で欠かせないステップです。疑問文の作成においては、特定の動詞や疑問詞の役割を正しく理解することがポイントです。しっかりとした基礎を築くことで、英語の文法理解が深まり、英語全体の理解が進むでしょう。英語学習において第5文型をしっかりとマスターし、自信を持ってコミュニケーションを取る能力を高めましょう。

 

今さら聞けない?英語の基礎

今さら聞けない英語の基礎を解説いたします。youtubeにて解説動画もアップしています。

    前の記事

    SVC文型【Progress Book2 Lesson1-1】